☆アウトランダーPHEV カーフィルム&撥水コート [1] - 2017.2.1

トップページ > カーフィルム >> ブログ

毎度ご覧頂き有難うございます!
フロントガラスの交換リペア撥水コーティングなど、
自動車ガラスの事ならお任せ!イーウィンドウの林です。

カーフィルムをお考えの方に大変ご好評頂いておりますフォトアルバム、
本日のお客様は弊社カーフィルムトップページに
施工例として掲載させて頂いている「インプレッサG4」の
オーナー、長浜市のM様!

約5年ぶり、お車お乗換えでご依頼頂きました!

当時インプレッサ初の「アイサイト」搭載車で、
スバル全体としても「ここから全車に搭載していくぞ」って時代。
「自動で止まる」未来の最新技術に興味津々だったのを思い出します。

また最近では環境に配慮した新しい駆動方式の自動車も
増加しつつあります。
ここ数年で様々なハイブリッド車や電気自動車が選べるようになってきましたね!

そこでその違いを大まかに簡単にご紹介。

まずはいわゆる「ハイブリッドカー」
これはエンジンをモーターでアシストするタイプ。
減速時のエネルギーを電気に変えて蓄積し、
発信加速時等のエンジン効率の悪くなる部分をモーターで
補います。
皆さんご存知トヨタ「プリウス」やホンダ「フィット」などがコレ!
また、先代プリウスPHVのようにこの「ハイブリッドカー」に
コンセントから充電できる機能を追加したのが
「PHV プラグインハイブリッドビークル」です。

続いて「純粋な電気自動車」
大容量バッテリーを搭載し、それに外部から給電。
走行はモーターのみで行いエンジンは搭載していません。
新幹線のような異次元の加速と静寂性が楽しめる、
排出ガスゼロの現在最も低公害な自動車です。
代表車種は日産「リーフ」や三菱「アイ・ミーブ」など。

そして「自分で発電できる電気自動車」
外部からの給電はできませんが、
代わりに発電専用のエンジンを搭載。
走行はモーターのみで行います。
燃料はガソリンなので航続距離の心配も少なく、
充電環境の設置が難しいマンション等にお住まいでも
気軽に「電気自動車」ライフが楽しめます。
最近発売された日産「ノート e‐POWER」がこのタイプです。

最後に、「給電も発電もできる電気自動車」
外部から給電できる大容量バッテリーと、
ほぼ発電専用のガソリンエンジンを搭載。
走行は主にモーターで行いますが、
高速道路等の一定高速走行時などほんの限られた場面でのみ
エンジンで駆動します。
数十キロの近距離移動なら「純粋な電気自動車」と同じく
外部給電のみで生活できるし、
エンジン発電と外部給電を併用すれば1000キロオーバーの
ロングドライブも楽しめる!
上の二つの「電気自動車」の長所を併せ持ったハイブリッド電気自動車。
滋賀県長浜市M様の新しい愛車、
「三菱 アウトランダーPHEV」です!

アウトランダーPHEV

さてさて、ずいぶんと前置きが長くなってしまいましたがここから本題!
前車の「インプレッサG4」に装着頂きました
高機能断熱フィルム「シルフィード」。
その断熱効果に大変ご満足頂きまして、
アウトランダーPHEVにも同じくリア全面(5枚)、
プライバシーガラス部分に「シルフィード SC-7015」を。

さらにフロントガラスにご依頼頂いた
撥水コーティング「エシュロン クラリード」は
「とても長持ちしてコストパフォーマンス最高!」とこちらも
大絶賛!

そこで今回はフロントガラスとリアガラスの2か所に
ワイパーテスト100万回をクリアした
新撥水コーティング「エシュロン クラリード」
撥水コートワイパーゴムとセットでご依頼頂きました。


それでは、作業中の写真からご紹介します。

アウトランダーPHEV

リアゲートの内張りを外し、中の電装品やコネクタを個別にマスキング。
フロアには養生用の布を何重にも重ねて敷き詰めます。

アウトランダーPHEV

続いてサイドウィンドウとあわせて養生シートで全体を養生!

アウトランダーPHEVの荷室フロア下には
走行用大容量バッテリーが収納されており、
水が浸入したら大変なことに!


アウトランダーPHEV

アウトランダーPHEV

リアドアは内貼りを外し、しっかり養生!

その後、一枚一枚丁寧にガラス研磨剤でクリーニングし、
フィルム専用のガラス洗浄剤でリンス。

今回は旧フィルムを剥がしているので、
残留物が無いよう特に入念に!

お車の保護はもちろん、
フィルムの寿命にも大きく影響するガラスの油膜や
汚れを徹底して除去するため、手を抜けない作業です。


フィルム施工後は・・・

アウトランダーPHEV

真横からは真っ黒、車内の様子は全くわかりません!


アウトランダーPHEV

アウトランダーPHEV

斜め後ろからは若干透けています。
ただ、シートの形は確認できますが、
人の表情や車内の荷物までは見えないレベル。
また、太陽の角度や天候などによっては真っ黒にみえたりもします。


アウトランダーPHEV

真後ろからもわずかに透けていますね。
とは言えこちらも車内の荷物などは判別できないので、
トノカバーの必要はシーンは無いでしょう。


アウトランダーPHEV

アウトランダーPHEV

こちら側はガラスに景色が映りこんで、
ほぼ真っ黒に見えますね~。
「真っ黒じゃなくて良い。室内からもそこそこ見える程度で!」
とのご希望だったM様、仕上がりにご満足頂きました!

アウトランダーPHEV

外からはこれだけの濃さになりましたが、
気になる車内からの見え方。

アウトランダーPHEV

国内シェアナンバーワンの国産フィルムとコダワリの施工方法で
車内からは見事なまでに見やすい視界!
特に昼間はなんのご不便もなく運転して頂けると思います。

業界ナンバーワンのIKC社製フィルム、
同じ断熱スモークでも異次元のクリア感!



さて続いてのメニューは雨の日の安全運転に貢献する
フロントガラス撥水コーティング、リニューアルした
エシュロン新クラリードのご紹介です!

ハリアー

上の写真は敦賀市I様のハリアー、
最終テストの様子。
まずはスプレーで細かな霧状の水を吹き付けて
撥水ムラが無いかチェック!


ハリアー

続いて運転席側半分にコップ一杯程度の水を
ガラス上部から垂らして撥水力のチェック。

先程かけた霧状の水滴を引き連れて、
ツツーッと水が流れ落ちて一気にクリアに!

たったコップ一杯の水ですよ!


アウトランダーPHEV

今回は純正デザインワイパー対応の
撥水コートワイパー替えゴムもセットで交換!
不快なビビリを抑えてコーティングがさらに長持ちします。

ワイパー一発でスカッとクリアな視界、
冬の凍結、雨染み、油膜の付着を防止し、
しつこい虫汚れもタオルでサラッと取れて、
洗車の拭き上げもラクラク!

事故防止・安全運転のお供に
新しくなった「エシュロンクラリード」をぜひどうぞ!



シルフィードはただ単に色を付けるためのスモークフィルムとは違い、
全商品99%UV(紫外線)カット付!

更に暑さの原因赤外線を約92%もカットしてくれる優れもの!

シミ・そばかす・日焼け防止効果はもちろん、
抜群の断熱性能で、ガラス越しに入ってくるジリジリ暑さを軽減します!

だから、エアコンの効きが良くなり、風が届きにくい後部座席も快適☆
エアコン停止中の温度上昇を抑えるので、
電気自動車、ハイブリッド車や
アイドリングストップ装着車にもピッタリです。

更に、冬は保温効果で暖房効率アップ!
一年を通じてお役立ちします。

それともう一つ嬉しい安全機能、ガラス片の飛散防止効果。
万が一事故にあわれたとき、
粉々になった強化ガラスの破片が車内に飛び散るのを防いでくれます。

「守られている」と実感できるカーフィルム!

小さなお子様をお持ちのお父さんお母さん、
チャイルドシートの暑さ対策、安全対策に是非シルフィードを!



長浜市のM様、
毎度ご贔屓を賜りまして誠に有難うございます!

また今回も写真掲載にご快諾頂き、重ね重ね有難うございます。

シルフィードとクラリードでさらに快適性能がアップした
「アウトランダーPHEV」で、今後も楽しいカーライフを
満喫してくださいね!

またお会いできる日を楽しみにしております!
ご来店心よりお待ちしております。

アウトランダーPHEV