トップページ >> 自動車ガラス・フロントガラス交換 >> 自動車ガラスお役立ち情報 >> フロントガラスの長いヒビ

フロントガラス、割れたらどうなる?

フロントガラスに長いヒビ!この後どうなる?バラバラになる!?


フロントガラスの長いヒビ

出来れば遭遇したくない、でも走行する以上可能性のある飛び石による
フロントガラス割れ被害。

もしヒビが入ったら!フロントガラスの端までヒビが伸びてしまったら!

マンガなどではバラバラになる様子が描かれたりしてますが、
実際のガラスはどうなってしまうのでしょう。

そんな疑問にお答えします!


長いヒビの入ったフロントガラスを作業台に乗せました。

フロントガラスの長いヒビ

フロントガラスの長いヒビ

例えば家の窓ガラスに多く使われている板ガラスなら、
この状態で「パリンッ」と真っ二つ!

しかしフロントガラスは形状を維持しています。


続いて重石のかわりにタイヤを載せてみました(;O;)

フロントガラスの長いヒビ

タイヤ程度の重さなら、ヒビがあっても耐えています!


なぜ割れているフロントガラスが形状を維持できるのか、
その秘密がこちら。

フロントガラスの長いヒビ

フロントガラスを真横から見た様子です。
クラックが縦に入っていますが、真ん中あたりで止まっていますね!


実は現在の自動車用フロントガラスに使われているガラスは
「合わせガラス」と言って、2枚の板硝子の間に強靭な中間膜を挟み込んだ
構造を持っています。

フロントガラスの長いヒビ

1枚の板硝子が割れても、残り1枚の板硝子と強靭な中間膜のおかげで
割れ落ちることは無く、視界を守り、車内への雨や風の侵入を防ぐように
出来ています。

だからもし不幸にも走行中にフロントガラスにヒビが入るような状況にあわれても、
焦らずそのまま走行して頂いて大丈夫です。

ただし、

  • ヒビが視界に入って注意散漫になる
  • 万が一の事故の際のガラスの強度不足
  • ブレーキサポート搭載車ならシステムエラーで自動ブレーキが作動しなくなる

などの不具合が考えられますので長期間放置するのは非常に危険!
フロントガラスは命に係わる重要な部品です。
なるべく早めに交換し、スッキリクリアな視界で安全運転を!

フロントガラスの長いヒビ

フロントガラス交換・自動車ガラス修理・ウィンドウリペアの事ならお任せ!


自動車ガラス フロントガラス交換

フロントガラス
自動車ガラス交換

純正品はもちろん格安社外品や高機能断熱ガラス等、ご要望に合わせてご用意できます
自動車ガラス交換

フロントガラスリペア フロントガラスヒビ補修

フロントガラス
リペア

フロントガラスの小さなヒビなら補修可能!伸びて交換となる前にお早くご連絡を
ウィンドウリペア

ガラス撥水コート

フロントガラス
撥水コーティング

雨を強烈に弾いて視界良好!ワイパーテスト100万回クリアの超耐久撥水コート!
ガラス撥水コート

代車・お見積無料!お問合せはこちら!

  • ご予約・お問合せ電話番号
  • メールでのお問合わせ

店舗のご案内


※不定休の為、下見・お見積り等でご来店の際はお電話下さい!

店舗住所滋賀県大津市下阪本1丁目37-1
柴田自動車工業(株)内
店舗地図はこちら
営業時間・平日 9:00 ~ 20:00
・土日祝 10:00 ~ 18:00
休日不定休 月2回程度
業務上の都合により、不定期に休日を設けます。
ブログにてお知らせいたします。)
電話番号077-534-6258

ブログ更新情報

link_234_60 (1),サンテクト

コートテクト