トップページ > カーフィルム >> ブログ

毎度ご覧頂き有難うございます!
カーフィルムフロントガラスの交換リペア撥水コーティングなど、
自動車ガラスの事ならお任せ!イーウィンドウの林です。

「ブログを見て電話しました」
「写真を見てフィルムを決めました!」
など、
カーフィルムをお考えの方からご好評頂いておりますフォトアルバム、
本日ご紹介するのは
草津市Y様の愛車、「ホンダ N ONE」

NONE

内装の質感が驚くほど高く、装備も充実。
普通車からのダウンサイジングでも納得の逸品。
「モノづくりのHONDA」のDNAが感じられる
Nシリーズ第二弾の「N ONE」!


今回Y様が選ばれたフィルムは
当店の9割のお客様が選ばれる断熱フィルム、
「シルフィード」

ご来店時に弊社フィルム施工済み営業車をご参考に、
リア全面プライバシーガラス部分へ
二番目の濃さとなる「SC-7015」をご依頼頂きました。


では、フィルム施工作業からどうぞ。

NONE

NONE

リアゲート、リアドアの内張りを外し、
ワンアクションでフラットに畳めるリアシートを格納。

すると軽とは思えない広々空間が出現!
天井に頭がつっかえることなく、十分な作業スペースが確保できます。

NONE

NONE

床面に大きな布をかぶせて、
マスキングテープやコロナマスカーでしっかりと養生。
電装品や内装の保護のため、手の抜けない作業です。

続いてガラスクリーナーで拭き上げ。

そして、
一枚一枚油膜取り剤で研磨し、ガラスに付着した汚れや
シリコン成分などを除去します。

続いてプラヘラでガラス内側をくまなくこすり、
異物の確認と除去、
さらにフィルム専用洗剤でクリーニング数回・・・

これでようやく下地処理終了。

新車であってもガラス内側にはシリコンや油膜が付着、
さらに異物が刺さってたりもします。

貼った後のクリア感と、フィルムを長持ちさせるため、
施工時間のほとんどを下地処理に費やします。


さて、しっかりと時間をかけて仕上がったお車は・・・

NONE

真横からはほぼ真っ黒!車内は全く見えません。

NONE 

斜め後方からだと運転席周りが透けています。
撮影したのが正午過ぎの晴天。フィルムが最も薄く見えて
しまう条件がそろっている状態です。


NONE

NONE

右の写真は今年8月にご依頼頂いたM様の「N ONE」。

比較すると右の方が濃く見えますよね。

実は、どちらも全く同じSC-7015。内装色も同じ。
違うのは、撮影時が薄曇りのお天気だったという点だけ!

このように、
太陽の方向や角度等、条件にによっては薄く見えたり、
真っ黒に見えたり。

フィルム選びで最も難しいポイントです。
迷ったらぜひスタッフまでご相談ください。


NONE

一目でN ONEだとわかる個性的なリアビュー!
メッキパーツが派手すぎず、大人しすぎず、良い感じ!

フロントガラス越しの景色が若干透けていますが、
プライバシー保護効果は十分ではないでしょうか。


NONE

NONE

深いレッドのボディが魅力的!
大人の落ち着きといいますか、奥行きを感じますね。


NONE

プライバシーガラス+フィルムで、
外からはこれだけ濃くなっても・・・



NONE

シルフィードなら車内からはご覧の良好な視界!

カーテンのように開閉の手間もなく、後部座席に同乗の方にも、
景色を存分に楽しんで頂けます。

さらに!
シルフィードはただ単に色を付けるためのスモークフィルムとは違い、
全商品99%UV(紫外線)カット付!

更に暑さの原因赤外線を約71%もカットしてくれる優れもの!

シミ・そばかす・日焼け防止効果はもちろん、
抜群の断熱性能で、ガラス越しに入ってくるジリジリ暑さを軽減します!

だから、エアコンの効きが良くなり、風が届きにくい後部座席も快適☆
エアコン停止中の温度上昇を抑えるので、
電気自動車、ハイブリッド車や
アイドリングストップ装着車にもピッタリです。

更に、冬は保温効果で暖房効率アップ!
一年を通じてお役立ちします。

それともう一つ嬉しい安全機能、ガラス片の飛散防止効果。
万が一事故にあわれたとき、
粉々になった強化ガラスの破片が車内に飛び散るのを防いでくれます。

「守られている」と実感できるカーフィルム!

小さなお子様をお持ちのお父さんお母さん、
チャイルドシートの暑さ対策、安全対策に是非シルフィードを!

草津市のY様、
この度は数ある施工店の中から弊社にご依頼頂き
誠に有難うございました!

遅くなりましたが大切なお車の写真、アップさせて頂きました。

ガラスはもちろん、お車の事なら何なりとご相談くださいませ。
今後もどうぞよろしくお願い致します。

またのご来店心よりお待ちしております!

NONE