☆CX-8 カーフィルム [3] - 2019.07.05

トップページ > カーフィルム >> ブログ

毎度ご覧頂き有難うございます!
カーフィルムフロントガラスの交換ウィンドウリペア撥水コーティングなど、
自動車ガラスの事ならお任せ!イーウィンドウの林です。

「ブログを見て電話しました」
「写真を見てフィルムを決めました!」
など、
カーフィルムをお考えの方からご好評頂いておりますフォトアルバム。

本日ご紹介するのは
栗東市よりお越しのK様の愛車、
「マツダ CX-8」です!

CX-8

マツダのフラッグシップSUV、「CX-8」。
「CX-5」と全幅こそ同じですが、全長・全高をロング化し、
さらに三列シートを採用。
SUVでは数少ない6人または7人乗りの多人数乗車が可能!

マツダ得意のクリーンディーゼルと相まって、
「たくさん乗れる車が欲しい。でもミニバンじゃつまらない!」
そんな方にピッタリの魅力的なお車です!

今回K様がお選びになられたフィルムは、
SUVにも相性抜群の高機能断熱フィルム
【シルフィード SCー7008】

リア全面プライバシーガラス部分に装着です。

それでは、施工作業中の風景からどうぞ。

CX-8

CX-8

まずはリアウィンドウ。
内張りを取り外し、電装品や配線コネクタを個別に保護。
パワーゲートで開閉も楽々(^・^)
車種により様々ですが、CX-8はゲートを開けた状態で作業します。

さらに全体をマスキングして厳重に養生!

CX-8

CX-8

続いて後部座席のドアガラス。
内張りを取り外し、全体を養生。

その後、ガラス一枚一枚を油膜取り剤で研磨し、
付着した汚れやシリコン成分などを除去!
白く濁っているのが油膜取り剤です。

続いてプラヘラでガラス内側をくまなくこすり、
異物の確認と除去、
さらにフィルム専用洗剤でクリーニング数回・・・

これでようやく下地処理終了。

新車であってもガラス内側にはシリコンや油膜が付着、
さらに異物が刺さってたりもします。

貼った後のクリア感と、フィルムを長持ちさせるため、
施工時間のほとんどを下地処理に費やします。

朝から始めて貼り付けまで丸一日、
一晩乾燥させて翌朝からチェックと組み立てと清掃。
長い工程を経ていよいよ完了!


CX-8

真横からは真っ黒!


CX-8

CX-8

斜め後ろから。
実際にははほんの少し透けていますが、写真では真っ黒!

近付いても中の荷物や顔の表情まではわからないレベルです。


CX-8

真後ろから。
フロントガラス越しに太陽の光が差し込むと若干透けて見えるシーンもありますが、
基本ガラスに映る景色が目に入るので「透けている」ことに気づきません。


CX-8

CX-8

撮影時のように曇り空ならほんとに真っ黒。
広い室内がさらに快適になりました!

ホワイトボディとのコントラストも素敵(^^)



CX-8

外からはこれだけ濃く見えても・・・

CX-8

業務用トップブランド、「シルフィード」。
入念な下地処理をおこなって仕上げれば、
車内からはこんなに明るく見やすいんです!

但し、プライバシーガラスと合わせる場合は
雨の夜間や街灯の無い場所などは特に見にくくなりますので、
リアカメラの装着を強くお勧めします。


シルフィードはただ単に色を付けるためのスモークフィルムとは違い、
全商品99%UV(紫外線)カット付!

更に暑さの原因赤外線を約92%もカットしてくれる優れもの!

シミ・そばかす・日焼け防止効果はもちろん、
抜群の断熱性能で、ガラス越しに入ってくるジリジリ暑さを軽減します!



だから、エアコンの効きがアップし、風が届きにくい後部座席も快適です☆

それともう一つ嬉しい安全機能、ガラス片の飛散防止効果。
万が一事故にあわれたとき、
粉々になった強化ガラスの破片が車内に飛び散るのを防いでくれます。

「守られている」と実感できるカーフィルム!

小さなお子様をお持ちのお父さんお母さん、
チャイルドシートの暑さ対策、安全対策に是非シルフィードを!

滋賀県栗東市のK様、
この度は大切なお車への施工を弊社にお任せ頂き、
誠に有難うございました!

大変遅くなりましたが、
お車写真、お言葉に甘えて掲載させていただきました。

またのご来店心よりお待ちしております!
今後もどうぞよろしくお願い致します。

CX-8

ムシムシ蒸し暑い梅雨シーズンですが、
フロントガラスリペア、さらにフロントガラス交換のご依頼を多数頂いております。

ガラスリペア

500円玉で隠れる大きさならガラスリペアが可能です。

もしもフロントガラスに石が当たったら、
伸びてしまってガラス交換となる前にぜひご相談ください!